銀行口座が作りにくいってホント?バーチャルオフィスの真実

   

会社を設立する人の中には、普通のオフィスではなくバーチャルオフィスを利用する人も多くなっています。一人で設立する場合、仕事場を自宅にしているケースが多いかと思われますが、自宅の住所をホームページに掲載すると情報が漏えいするなどの不安を感じるケースも多いのではないでしょうか。オフィススタイルの中でも、仕事場と言う空間はなくても住所だけをレンタル出来るものを使えば、ホームページには自宅の住所を掲載せずに済みます。
会社設立を行うと同時に、会社の銀行口座を開設する事になりますが、こうしたオフィスの場合、銀行側が口座の開設を拒むケースがあります。折角、登記まで完了したのにも関わらず、口座を作る事が出来ないのでは会社運営にも影響を及ぼす事になってしまいます。

会社専用の口座は何のために必要になるのか

会社を設立する時、出資者の銀行口座に現金を振り込み、登記申請を行う事になりますが、バーチャルオフィスを利用した場合には口座を作る事が出来ないケースもあると言われています。これは普通のオフィスとは違って、住所や電話番号などの情報だけを利用するオフィスで、金融機関の中にはこのような情報だけでは信頼性に欠けると考える銀行が存在しているからなのです。
口座を作れないとなれば会社経営にも大きな影響を与えてしまいますし、資本金を払い込み出来ても新設出来ないのであれば会社経営が出来なくなります。法人口座は会社経営の中では必要不可欠な存在で、事業資金を保管しておく、支払いに関する口座として利用するなど、なくてはならない存在です。尚、金融機関への信頼を与えられる書類を用意しておけば審査に通過出来るチャンスは広がります。

銀行の法人口座開設の審査が厳しい理由とは

バーチャルオフィスの場合、法人の銀行口座を作る事が出来ないケースがありますが、口座を作る事が出来ない理由の中には銀行の口座開設のための審査が厳格化されている、審査が厳しくなっている理由の中には反社会勢力や犯罪などに悪用が行われた経緯があるからなのです。もちろん、設立を行う人がこうした事を行うとは限りませんので、きちんと証明する事が出来る書類を用意しておけば良いのです。
金融機関側は、この会社は悪い事に口座を利用するのではないだろうか、などと考えるので、事業目的をはっきりさせる、資本金の額を低すぎる金額にしないなど信用を伝える事で口座を作る事が出来るようになります。さらに、口座を作りたい金融機関の手続き方法を事前に調べておく、本人確認資料を揃えておくなどがポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

バーチャルオフィスで起業登記する

会社を立ち上げる時は登記を行います。その際には会社名や事業目的、本店所在地などを決めておくことが必要です。このうち本店所在地をどこにするかはさまざまな選択肢があります。これまでは賃貸オフィスを借りるパ...