住所と連絡先が借りられるバーチャルオフィスのサービス

   

個人事業主や小規模企業の代表取締役として独立したばかりの時は、資金を用意しても経済の中心地や都会の一等地に事務所を借りるのは非常に難しいです。自宅で事務所を開くのを余儀なくされるかもしれません。
プライベートとビジネスの場を一緒にすると、連絡先として自宅住所や電話番号を公開する必要があります。電話がかかってきた時に生活音が仕事の相手先に漏れてしまうこともありますし、防犯の観点からプライバシーが保護されないのではという点で心配です。
バーチャルオフィスのサービスを利用すると、仕事の連絡先に使う電話番号や住所を借りられます。都心や地方の経済の中心地の一等地に事務所を構えているように印象づけられ、仕事をする上で相手先に良い印象を与えるケースもあり非常に便利でしょう。必要最低限のプランであれば、月々数千円程度の料金で済むこともあります。

どのようなプランが利用できるのか

バーチャルオフィスは必要最小限のプランであれば、住所地とその地の市外局番から始まる電話番号を借りられ、共有のFAX番号もついてます。住所は地域名や番地だけでなく、オフィスビルの建物やテナントの部屋番号まで指定できる会社もあります。法人の登記にも利用できる所もあるので、細かく住所を載せたい場合は部屋番号まで指定できるタイプの会社を選ぶといいでしょう。かかってきた電話は、自宅等の指定した連絡先に転送されます。郵便物は受付で預かることも可能な場合があります。
オプションサービスが付いている場合は、月々1万円台くらいの料金が必要です。しかし、役に立つ機能が付いているのが特徴です。電話代行が付いている場合は、かかってきた電話を係の人が受信して代わりに対応できます。営業活動で外出の機会が多い経営者でも、受注の取りこぼしが少なくなります。郵送物や荷物の転送ができる場合は、受付した物を指定した先に送ることが可能です。取りに出向くことがないので、遠方でも安心です。

バーチャルオフィスに向いている会社

住所や電話番号をレンタルで利用するのに向いているのは、取引先や顧客が自社に出向く機会が少ない会社です。複数の会社がレンタルで同じ住所地や連絡先を使っている可能性があるため、他の企業と被ってしまうこともあります。心配であれば、部屋番号まで借りられる所を選びましょう。
インターネットショップ等で顧客とのやり取りがメールや電話中心になるような仕事が向いています。また、フリーランスで仕事をしている方で、打ち合わせや納品がネット上での活動が主になる場合も同様です。
もし、頻繁に相手先からの訪問を受ける機会が多い仕事の方が使いたい場合は、会議室や受付を併設しているサービス会社を利用することを勧めます。会議室を予約して借りることも可能ですし、受付があれば来訪者があった時にも応対してもらえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

バーチャルオフィスで起業登記する

会社を立ち上げる時は登記を行います。その際には会社名や事業目的、本店所在地などを決めておくことが必要です。このうち本店所在地をどこにするかはさまざまな選択肢があります。これまでは賃貸オフィスを借りるパ...